何か将来の物事や出来事を予想する時に、その一番重要なファクターとなるのは間違いなくデータでしょう。 これは競馬だけではなく、株式や為替の値動きを予想するときでもそうですし、スーパーマーケットがどの商品をどのくらいの量を仕入れるかを決定するときも同様です。
過去のデータを細密に分析して相関関係を見出すことで、物事の将来の姿がおぼろげながらにも見えてくることは間違いありません。

競馬でよく使われるデータ分析はやはり「競走成績」です。
競馬新聞を見てみると分かりますが、あの細長い馬柱の中だけでも過去の出走レースの着順やタイムや馬場状態、馬体重や負担重量、ペースといったレース内容が分かります。 それ以外にも距離別成績、芝とダートの巧拙や当該騎手騎乗時の成績などなど、ほんとうに様々なことが分かります。
なぜこれほどの情報が掲載されているかというと、やはりそれだけデータを基にして馬券を購入する人が多いということになるのでしょう。

また、競馬予想で使われるデータとして「血統」があります。
初心者は血統の知識があまりないかもしれませんが、競馬を知れば知るほど血統の力を目の当たりにすることも多くなります。 実際、ある種牡馬の子が特定の競馬場や特定の距離でなぜか好成績を出すということはよくあります。
ただ、血統が難しいのは競走成績のようにその馬の能力を数字で表すことが難しいということです。 ある程度の傾向を知ることはできますが、同じ父を持つ競走馬がレースの中に数等存在することも珍しくないので、それらの競走馬の優劣を血統だけで見極めるのは至難の業です。

もう一つ、これはデータと言うにはちょっと語弊があるかもしれませんが、「ジンクス」に重きをおいて予想をする人もいます。 よく知られているジンクスとしては「ダービーのトライアルに青葉賞を使った馬は本番に勝てない」というものがあります。
実際、ダービーと同じコース、同じ距離で行われるにもかかわらず、青葉賞の勝ち馬は一頭もダービーを制したことがありません。
この他にも、もっとオカルト的なものとして、JRAのCMに勝ち馬のサインが隠されているといったことも実しやかに話されたりしますし、出目の解析から勝ち馬を予想するものもあります。 どのデータを馬券予想に利用するにしても、一番注意しなければならないのは「バイアスのリスクを取り除く」ということです。
人間は物事を評価する時に、どうしても先入観や個人的な感情を持ち込んでしまいます。 競馬で言えば「この馬で前のレースに勝たせてもらったから今回もきっと勝つだろう」とか、「この馬のお父さんが好きだったから子どもも応援したい」と言った感情です。
こういったバイアスがかかってしまうと、馬の能力を冷静に比較検討することが難しくなってしまいます。 馬券で儲けるためにはこういった感情を捨てて、冷徹になることも求められるのです。
逆に、その部分を補う事さえできれば競馬の勝率は今までよりも上がることはほぼ間違いない事になります。 競馬情報スピリッツでは、多くの関係者が競馬新聞以上の細かさでそれぞれの勝負レースを提供していますので、情報に困った方や、自分で収集した情報にバイアスがかかってしまっている方は一度利用してみてはいかがでしょうか?